whole8 オフィシャルブログ        カネコは食わねど高楊枝

彫刻家 寺社仏閣、史跡等に作品を納めています。 whole8.6th@gmail.com

最近の事。

お久しぶりです。

ここ最近はゆっくり制作して身体を整えたり病院でケアしたりとしてます。

制作はもちろん数体を同時進行しています。

複製したものや、新作をずっとやっていますが、

最近大学の友人が作品のシールを制作してくれました。

店舗やバス、車等に大きく貼ってあるステッカーを制作する会社に勤めてるので時間がある時制作してくれてます。

結構面白いです。

まだ、サンプルなんですが、そのうち個展時等で発売するかと思います。

 

最近は制作とこれからの制作について本当に悩んでいます。どう進めばいいのか?

本当に悩みます。そろそろ違うカタチも考えたりしていますが、モヤモヤして時間が過ぎます。

考えてる時間は辛いけど、多分至福の時間なのかもしれません。

人生の残りはそんなに多く無いでしょうし……

 

この数年で身体は随分と悲鳴をあげています。

肩は固まり。武道で得た体幹もかなりブレてきてます。

腕はかなり細くなりと……

情けないです(笑

彫る時に食いしばるので歯がボロボロですが、最近顎にしこりが出来てるのに気付き、今病院に通ってます。

これ腫瘍だったら困ります。

なんか落ち込む記事ですみませんが、一応毎日手を動かしてます。

最近買った谷津矢車さんの「絵ことば 又兵衛」は楽しみの一つです。

谷津さんとTwitterでも少しお話しして多分私にわかるところがあると言われたので、尚更楽しみなんです。

谷津さんの「廉太郎ノオト」は最近読んだ中で本当大好きな本です。

人柄も好きなんですが、また、ゆっくりとお話しを聞きたいです。

f:id:whole8:20190116110535j:plain

谷津先生と。

珍しい洋服姿ですが、個展時に忙しい時間の中来てくれました。

ありがたいです。

今日は雨。家でゆっくり制作します。

9月。

もう、9月。

早い。4月から8月が早すぎた。

幻獣展が終わってからは少し休みここ数日制作をまた開始した。

幻獣展では良い出会いもあったりととても良かったと思う。

で、来年は個展をとまた考えてる。

本来は今年個展だったんだけれども、来年どうなるか?

今制作している馬の像は来年5月位までには仕上げたい。

そして新作を数点。

なかなか悩む。

最近売り込んでくれる方もいて頼もしいの一言です。

それも海外なんですよね。

頑張るしか無い訳です。

それと伊庭八郎さんの事も少し調べてみようかと思ってもいます。

と言っても、直ぐ時間が無くなるんでしょうが……

暇を見てそろそろ旅にでも出たいと思ってるが、どうなる事か??

f:id:whole8:20200902003752j:plain

そういえば。この作品のシールを友人が作ってくれた。

大学の友人がこのアングルのシールを制作してくれました。

なかなか面白いね。

次の個展では作品集みたいなものも制作したいと思います。

 

は、8月…………

8月になっちゃった………

4月からとにかく頑張った。

1日15時間は最低彫る毎日。

手術も後回しにして、とにかく彫りました。

今回は指が少し変形とずっと彫刻刀握っていたので指先が痺れたまま。

腱鞘炎??

そんなの屁でもない(笑

と、何を頑張って制作してたかと言うと、

f:id:whole8:20200802180405j:plain

今年も幻獣展に声を掛けてもらいました。

この8月の大きなイベント。

よろしかったら見に来て下さい。

でも、立体はやっぱり大変です。

写真撮影日まではやはり終わりません。

最近は二ヶ月で作る作品では無くなって来てますね……

去年は「猪早太と鵺」と「岩村大角妖猫退治」でした。

今回は大鎧ではなく、「渡辺綱茨木童子」です。

今回も大きい。

そして渡辺綱茨木童子の二体。

大鎧じゃないけど、大紋のシワはかなり難しく、見えない背中のシワなんかもとにかく凄いのです!

f:id:whole8:20200611220839j:plain

渡辺綱の後ろ姿。

これで二ヶ月。

まだ茨木童子が上半身だけでした。

f:id:whole8:20200611215336j:plain

前から。

この後ろに茨木童子が。

京都一条戻り橋での出来事。

酒呑童子退治からの出来事。

夜に道に迷っている女性がいて、通り掛かった綱が彼女に声を掛けます。

そうすると鬼に戻った茨木童子は綱の髷を掴み空に舞い上がります。

綱は源氏の宝刀鬼切丸で童子の右腕を斬り落とします。

その瞬間を今回立体にしました。

今回もリアルではなく、浮世絵をモチーフにしています。

その為童子も漫画の様な顔です。

f:id:whole8:20200727073115j:plain

こんな感じに仕上げました。

f:id:whole8:20200727073202j:plain

童子が浮いてる様に見えます。

なかなかの迫力が出たと思います。

大きさはチェリーコーク缶と比べた写真で。

f:id:whole8:20200727073528j:plain

大きさ比較です。350mm缶です。

彫刻刀の彫り跡もなかなか良い感じで残してあります。

増上寺に納めた「法然上人像」は今思うと大きい像だったと思います。

これに色を乗せ、大紋の模様を描いて仕上げていきます。

とにかく四ヶ月全く休みなしで後半二ヶ月はほとんど外にも出ませんでした。

世間がコロナ騒ぎですが籠りに籠もって彫ってました。

皆が籠もっているのが我慢出来ないと騒いでるのを聞くとちょっと我慢足りないぜ!(笑

と思ったりしてました。

ちなみに今回もう一体「下女お初」を出します。

このお初さんがたくし上げている着物が今回に繋がる訳ですが、随分雰囲気やシワを追う事が出来る様になってます。

こちらも浮世絵を参考にしています。

豊国三代の作品です。

この像から模様を描くという事も始めています。

フィギュアの様にデカールやプリント出来たらよいのですが、そこはおもちゃと違うので手で描きます。

この作品でNYでの個展が本決まりになった訳です。

宜しかったら見に来てもらえると嬉しいです。

コロナ禍で有楽町に来てくださいと言うのも気が引けますが……

今回は週末しか在廊しないと思いますが、平日も行く事が有ればTwitter等でお知らせします。

私も疲れに疲れていて免疫力も落ち、基礎疾患もあり、A型とコロナ怖いので、少しゆっくり過ごしたいと思います。

でも、出品作家は一流ばかりです。

自分が憧れていた人もかなり居ます。

こう言う所に呼ばれる様になったのは嬉しい限りです。

少し緊張します。

でも、今回も悪いものではないと思いますので見に来れる方は見にきてください。

着彩写真はまだ乗せませんので、会場で。

では。

 

子供の日。

今日は菖蒲湯に入りたいと思うが多分入らない(笑

作業と散歩するだけの毎日。

最近どうも身体の調子が悪い。

でも、歩く。風も気持ちよくつつじの花がまだまだ見頃。

でも、今日は和装で歩く。

珍しく木綿の袴と着物に単の羽織。

腰に風呂敷に蛍光灯を包み電気屋に。

もつの面倒なので腰に差す(笑

歩いてて思うのは木綿の袴の気持ちよさ。

正絹より断然気持ちが良い。

色も白に青の線で涼しげ。

上は短い着物でライトブルー。

羽織は単の一つ紋の羽織。

で、地下足袋。これ、快適。

木綿なので襦袢要らないし。

どんどん歩く。

着物はやっぱり好きだ。

と思って帰って来る。

でも、腕や肩の不調は治らず。

工房にてボーッとブログなんて書いてる。

子供の日なので兜出そうか迷ったが、今年は出さなかった。

柏餅は食べる。

最近良く祖母の事を思い出す。

さっき散歩中に風で袴が舞うと脚が見える。

私、とにかく色が白い。

今まで付き合ってきた女性も大概言う。

女性より肌が綺麗で色が白いって。

笑いが出そうだが。

少し前に本家の叔父と話した。

叔父は木場の人でお祭りの総代だった人。

若い時肌が白く綺麗だから彫り物を入れろ!と結構言われたと言ってた(笑

昔はお祭りで目立つ為だけにモンモンを入れてた人が多かった。

子供の自分にもその記憶がある。

お金出して痛い思いはしたくないので入れないとは叔父の言

そして、この色白は金子の祖母の血との事。

ちなみに女性は漏れなく物凄い巨乳になる(笑

ばあちゃん確かに色が白くてかわいい人だった。(それも凄い巨乳ってのも覚えてる(笑))

その肌の綺麗さは私の妹にはなく長女の姪っ子に出てる。

(妹は金子の直の血が強く見える。)

姪っ子の顔は私の母方の九州の血が強い様に思える。

半分だけど、姪には色々と自分の先祖が垣間見える。

面白い。

そんな子供の日

制作に戻る。

変わらない日々

世間はコロナ騒動。

本当に心配です。

NYの友人は平気だよ。と言ってましたが、救急救命士の友人が見せてくれた仕事中のマスク姿の写真は結構驚きと今の厳しい現状を教えてくれました。

フランスの友人も家で料理をしたりと過ごしてるみたいです。

ロッコの友人はインスタで今も写真を毎日あげているみたいですが、

私も変わらない日々。

少し前に友人数人からsns 全く動いてないけど、大丈夫?って連絡もありましたが、今は

朝起きて、彫って、日課の散歩をして、花を見て過ごすという日々です。

今はつつじの季節。本当に綺麗で散歩中も写真撮ってばかりです。

色々な花を見て、花見てるとたまに話しかけられたり、と生活は変わりません。

ずっと篭る仕事なのでストレスなんてものも全くありません。

今住んでる場所は駅から直ぐですが、一本入ると静かな場所です。

昔の別荘地なんでね。

何度も言いますが花が本当に綺麗(笑

亀のムーさんは甲羅が剥がれて今大きくなってきてます。

彼を見るのも毎日の楽しみ。

15時におやつの海老をあげたりしてます。

あとはずっと彫るだけ。夏に向けて制作してますが、夏の展示はあるのか?

個展とは別なんですが、増上寺での個展はもちろん中止。

世界が変わりつつある中で自分は全く変わらずで色々考えるのですが、結局作業する事しか思いつきません。

身体も少し健康になってきてますが、制作が始まったので肩はそのままです……

2ヶ月くらいで武士と鬼を彫らなくてはいけないので、かなりハードです。

ちなみに今は渡辺綱と鬼を彫っています。

簡単に言えば鬼退治ですが、この疫病を早く治めてほしいと思い、渡辺綱を制作する事にしました。

他にも4点少しずつだけど制作しています。

変わらずやるだけです。

 

今はTwitterFacebookも全く更新していません。

が、先日、連絡があり、某刀のクラウドファンディングの事で何人かの人と意見交換しました。

あれ、本当に酷かったね……

 色々言いたいことはあるけど、

自分もまずは誠実に制作をしていく!と改めて思った。

 

 

少し前。

世の中コロナ騒ぎですが、この10年生活はほとんど変わらず、食べて、制作、そして寝る。

という毎日。この数ヶ月はここに散歩を1時間半程。

以前は剣術をやってましたが、右肩が制作で完全に壊れてしまい、稽古どころでは無い状態。

病院行ったりもしてますが、なかなか治らずで(笑

そう!

今月号のArt collectors に作品と制作についてが出ています。

f:id:whole8:20200404224102j:plain

ドールの世界なんですがね…

f:id:whole8:20200404224138j:plain

和の作品のところです。

この本の人形作家さん達ってほとんど知ってる人ばかりで自分もこの中に居ると思うとありがたいです。

私は人形彫刻と名乗って制作していますが、学生時代から彫刻家のもとで働いていたので、キャリア的にはかなり長いものになります。

 

と、まだ言えないのですが、今とある大きな案件の話も来てます。

県の案件なのでまだまだどうなるか分かりませんが、こういう話が(制作依頼ね)来る様になったのは嬉しい限りです。

クラフトやワンフェスのフィギュア制作をしていた頃が少し懐かしいです。

この制作がどうなるのか?

上手く行くことを願って制作し続けるだけです。

頑張ります。