whole8 オフィシャルブログ        カネコは食わねど高楊枝

彫刻家 寺社仏閣、史跡等に作品を納めています。 whole8.6th@gmail.com

ついでに。

バイク用品ってグローブは使い捨てになるけど、殆どが学生時からのもの。

グローブでも、冬季用のミトンもずっとだ。

かれこれ25年かな。

空軍の放出物で、暖かい。

f:id:whole8:20210502151034j:plain

綺麗な黄色のミトンだったけど、使い込まれてこんなに真っ黒。

時代の流行り廃りがあるけど、自分はそんなに好みが変わらず。

強いて言えば、ジーンズは履かなくなりワークパンツか袴形に。

だから、当時買ったブーツやコート、チャップスは今でも使う。

ブーツは高いものを選んだ。

修理が出来るからだ。

高いものを買っておいた方が修理が出来る。

チャップスもそうだ。

革ジャンは初めて買ったのがパリにいる時で、アパートがあったマレ地区は革製品が良いよ。

と聞いて、買いに行った。

それが初めての革ジャンだ。

高買ったけど、やっぱり大事にする。

和服もそうだ。

高いものの方が大事にしてずっと使う。

だからファストファッションはそんなに好きじゃない。

ちなみに穴の開いた靴下は繕って履く。

奥さんが閉口するくらい(笑

殆ど人とも会わないので作業中は大体同じTシャツの使い回し(笑

ディッキーズのワークパンツも15年近く使い回してそろそろ限界だけど、未だに履いてる。

たまの外出時にハーレーや海外で買ったTシャツを着る。

でも、殆どタグが付いたままで日の目を見てない…

ちなみにアメリカの旅の最中ブーツでいた為足が痛くなり初めてconverseとVans を買って履いたが、それも、未だに綺麗なままある。

でも、その時のスニーカーの素晴らしさは今でも覚えている。

皆こんな楽な状態で歩いているのか……と(笑

なかなか履き潰す事もなくて、和服の時も便利なので最近はsousou の地下足袋が多くなった。

もちろんハーレーも学生時に買って盗まれたりで違うが車種はロードキング  クラシックだ。好みは変わらない。

ちなみに初めてはお金がないので89ウルトラ

事故で大破で1998の新車のロードキング クラシック。

と、97ファットボーイの2台持ち。

ロードキング が盗難後ソフテイル ナイトトレイン。

つまらないので80ショベルFLH

あまりに壊れるので結局ロードキング クラシックにもどった。

FLが好きなんだなと。

旅のつづき。

 

とにかく下道で走るのが私の旅。

一度新潟に当時の彼女に会いに行くのに4号を北上して行こうと思って昼前に出発して、大宮あたりで余りにもストップアンドゴーが続き心が折れ、高速に乗り新潟に向かった事がある。

iPodで音楽を聴きながら新潟を目指す。

あっという間に着き、旅の面白さが少ないと思う反面、好きな人には直ぐに逢える。

もどかしい。

旅なのか?唯の待ち合わせなのか??

そういう思いもありで、旅は下道。

関東は混むので早く過ぎ去りたいので深夜に出る。

今回は度の装備の事が多め。

 

船橋松戸間は新しい道が出来ていてこれまた早い。それも深夜だ。

6号の江戸川の側道に出る道。(初めて走って驚く(ここにでるの!?)と)

松戸から金町を抜け環七に入りを久しぶりに抜けて4号へ。

どんどん走る。

信号もそんなに停まらない。

都心周辺は初めてでも、街並みは同じ様で平凡でつまらない。

あっという間に大宮(笑

そのままバイパスになる。

ハーレーは大陸横断用のエレクトラグライドフレームだ。

疲れないし、楽ちん。

ハイオク満タンで文句無く走ってくれる。

バイパスを走り宇都宮方面を目指す。

ほぼ高速だ。

バイクに乗り始めてからヘルメットはBell製だ。

これまでは1970年代製のsuper magnumにバブルシールドだったが、

数年前にBell rogue にを買った。

初めてゴーグルを使う様になった。

マズル(口と頬のガード)もあり、高速でもシールドの中で風が巻かないのでシールドが飛んだり、寒さが無い。(更にマズル内のマスクも取り外しが可能)

f:id:whole8:20210502140020j:plain

左がrogue で右がsuper magnum ちなみに青いシールドをつけるバインダーもビンテージ

で、マズル

f:id:whole8:20210502140052j:plain

マズルは取り外しが出来る。で、右がマズル内のマスク左が表のガード

このsuper magnumはハーレーを買った時探しに探し回り代官山手前のショップで買った。

その時行っただけで、今は行き方さえ覚えてない。

当時代官山にラフライダースなるバイクギアのお店があった。

そこに行く前に寄ったんだけど、結局日本人サイズのものしかラフライダースには無く、日本人体型の頭が大きい私にはBellのメットが入らない。

たまたま先のショップで唯一大きなBellがあり、戻って買った。

それからどこ行くのもこのヘルメット。

使用対数年度は超えてるし、事故当時も被ってた。

大好きな物だけど、数十年ぶりに新しいもの、それも新品を買った。

服は珍しく学生時代から履いてるwranglerのビンテージにハーレーのWilly Gブランドのこれまた学生時代からのチャップス。

チャップスは馬に乗る用の物も持っているんですが、長距離では履かない。

(京都には馬用で行ったが)

やっぱりバイク用が良い。

f:id:whole8:20210502140420j:plain

これ、身長190くらいでちょうどだと思う。180ちょいでブーツだとなんとかという感じ。

ブーツはカナダで買って箱も持って帰ってきた(笑

Justinのもの。

このブーツとチャップスはは交通事故に遭った時にも履いていて、脚に何のダメージも負わせなかったもの。

f:id:whole8:20210502141822j:plain

結構丈が長く膝下までくる。もちろんジーンズの中にしまう。

上はネルシャツにドイツ軍の綿のジャンバーにお揃いのコート。

f:id:whole8:20210502140709j:plain

15年くらい前に友達がプレゼントしてくれたもの。

大体これが寒気の旅装。

ちなみに鞄には地下足袋と袴形といういつもの服装も入っている。

そうそう、マフラーは首が回らないので今回も四国で買った手拭いマフラー。

これが二枚重ねで薄くて首周りに良い。

f:id:whole8:20210502135718j:plain

確か九州に10月に帰る途中余りの寒さに途中で買った。

この服装で走り抜ける。

宇都宮付近から雨が気になる。

でも、雨具を着るほどでもない。

グローブが濡れるのが気になる。

ちなみに雨具はオーストリアで買ったカウボーイ用のオイルコート。

文字通りオイルを染み込ませてあるので雨を弾く。

下はアメリカ軍のゴムパンツ。ブーツ用のレインカバーも積んである。

問題はグローブ。

撥水加工という普段用の物だとバイク時はとにかく染みてくる。

今回初めてカブのハンドガード持って来た。

ダサい!とにかく!

でもさ、最近思うのよ。自分の事見てる人なんてほぼ居ないじゃない。

それも旅の最中。快適で居たい。

(そもそもバイク旅が快適ではないというツッコミはいらない)

で、スタンドで給油時にハンドガードを装備

f:id:whole8:20210502140137j:plain

まさにHonda 純正のカブ用

これのお陰で手は暖かく濡れない。

ハーレーだからとかは要らんのです(笑

ちなみに高速走行での燃費は40キロ前後になる。

かなりお得なバイクだ。

しかし、コートの上も水で濡れてくる。

先のオイルコートを出して着るのは面倒いので、今年散歩やカブに乗る時着ているアディダスのマイシエルターを着てドイツ軍コートを羽織る。

薄いし、風も通さず、通気性が良い。

そして、裄が長い!

ドイツ軍コートは裄が短く、腕が少し出るのよね。

f:id:whole8:20210502140537j:plain

Adidas のmy shelter これシルエットが好き。

ここからは雨も気にせずどんどん北上。

確か5:50分頃日の出。

あと少しで福島に。

でも、ここからが更に大変になる。

 

ちなみに。

ちなみに。

以前も書きましたが、

この写真のハーレーはもう10マンキロ超えてるハーレー でエンジン、プライマリー、ミッションと開けてオーバーホールを数年前にしてます。

パリに行く前で訳一年掛けて整備、塗装もその時オールペンしてます。

忙しく、初めての向こうでの滞在、ルーヴル展示、パリでのグループ展と色々凄かった時。

でも、最近またラバーマウントがヘタってきてるのに気付いた。

 

岩手に行く。

かれこれ1週間前ですが、

岩手に行こうと思いました。

南は生まれ故郷の宮崎に帰った時に鹿児島知覧まで行きました。

道すがら下道でハーレーで出かけます。

色々な人と話して、出会った人の家に泊めてもらったりという旅。

でも、北はこの前馬に乗りに福島は田人に行ったくらい。

身体がかなり疲れているので湯治に行ってみようと思いました。

このご時世人と関わらないバイクの旅はもってこい。

訳500キロ。

宮崎までは1300キロ近い旅を下道で2回往復したことがあるので、多分大丈夫。

ということで色々準備して。

ネットや今回初めてスマホを旅で使うのでタンクの上に置くケースを買ったりと出発までに結構お金を使った。

以前の宮崎に帰る旅はうっかりカスタムシートのバットランダーで帰って本当大変だったので厚手の革職人の友人が張り替えてくれた純正ベースのシートにした。

f:id:whole8:20210427161807j:plain

シートは厚手に。以前投稿のハーレーと比べるとシートの厚さは段違い。

だが、薄型のバットランダーもハーレーの純正カスタムだけどこのシート宮崎の時疲れなかったんだよね。

ガッチリと臀部がロックされて。

さすが純正カスタム。

結果は今回はかなり臀部が痛くて大変になるんだよね……

 

先週18日夜中3時半に出発。

前日まで雨なのでかなり行く気がしないのですが、起きて雨なら19日出発に。

ギリギリまで制作して4時間ほどしか眠れず。

(なんだかんだで楽しみで眠れずの様で。)

起きると雨が止んでいたので出発!

向こうで奥さんと待ち合わせするので二日位の旅かな?

湯治宿は19日チェックイン。

ゆっくりの旅のはず。

つづく。 

縄目を彫る。

縄目を彫る。

結構地味で面倒な作業。

でも大事。

新作の足を見せます。

f:id:whole8:20210226160411j:plain

彫る前と後。

向かって左側が彫る前。

右が彫り終わり。

こんな小さな彫り痕が大事。

後ろにあるのが脚部。

太ももは完全に見えませんが左右とも彫ってあります。

この縄目平知盛公の作品でも本当大変でした。

ほぼ1日掛かって彫りました。

f:id:whole8:20181119025904j:plain

右腕と胴体。

脚に絡みつく部分も。

f:id:whole8:20181023093425j:plain

彫る前。

まだ縄がうどんみたいな状態。

ちなみにこの像の大きさは1/3・5くらいと結構大きい。

f:id:whole8:20181120103414j:plain

彫り終わり。

錨まで絡みつくので本当に大変。

こうやってみるといかに縄目を彫るのが大事かわかる。

ちなみに大鎧の小札や紐を彫っていくのも結構面倒。

多分3Dだと簡単だと思う。

でも、手で彫る事に意味がある。

と信じてる。

でも、今は義経袴が彫れず本当に頭がイタイ。

袴の皺は難しい。

 

先日の地震にて。

数日前の地震のことなんですが、作品が数点壊れました。

うちにある作品展示部屋で少し高い台に義経公の像が乗っています。

その隣に玄白先生像。

その両方の作品を抑えながら「そろそろ揺れが収まるかな……」と思っていたのですが、

下からの突き上げがかなり強くなった時に茨木童子の上半身が飛び上がり、下に落ち、

犬村大角も同じく揺れにより芯棒が外れ落ちてしまいました。

渡辺綱は大丈夫でしたが、まさか芯棒の長さより跳ね上がるなんてね……

倒れた作品、義経公も大袖が外れ落ちて欠けたりとなんとも…

揺れが収まって制作部屋に行ったら慶喜公の制作中の立像が倒れてこちらも数カ所欠けてしまいました……

なんとも落ち込むというか、困りました。

f:id:whole8:20210214001213j:plain

なんだかね……

8ヶ月掛けた作品が数分で壊れてしまいました。

(Twitterではこの写真あげてませんが、せっかく撮ったのでね)

一番面倒なのが茨木童子の左袖が割れ、欠けてしまい、どうしようかと考えてます。

今、制作中の注文の作品が終わりましたら修理します。

作品も飾っておくのは考えますね。

明日は納品。

作品ももう少し手を入れて梱包です。

和服で行こうかね。

 

早いもので2月半ば。

2月半ば。

最近は変わらず手が遅く悪戦苦闘です。

ですが、先日ハーレーに乗り中野のお店に点検に行きました。

待ち時間の間近所の貞源寺に。

f:id:whole8:20210218131821j:plain

伊庭家代々の墓碑

今年はじめてなのでまず皆さんに挨拶。

そして去年住職さんが変わったと聞いていたので勇気を出して挨拶!

朝涼忌で多分お世話になっていたかもしれない……

けど、初めて話をさせてもらいました。

しかし!

ここでも増上寺からの縁がありました。

いつもお世話になってる増上寺、栄閑院の副住職さんと大学が同級生で同年代。

話が直ぐに色々繋がり、縁ってありがたいです。

これからも安心して貞源寺には行けます(笑

その後はハーレーを受け取り初詣と挨拶を兼ねて増上寺へ!

f:id:whole8:20210218132518j:plain

まずは初詣。

やっと初詣。

今年も挨拶ができました。

f:id:whole8:20210218132622j:plain

本堂はは瓦の吹き替え最中。

本堂は今見れませんが、チタン瓦に吹き替え最中です。

この姿も珍しいです。

考えてみれば日本で初めての個展は増上寺

2年前でした。

一人でこの大古刹を使わせてもらえたのは縁以外無いんです。

本当良い経験でしたし、個展をやるのにここ以上の所って無いんじゃ??

と思ってしまいます。

東京のど真ん中ですし。

久しぶりにお会いするお世話になってる方とは色々と話せました。

コロナでやっぱりお坊さんも大変という話。

色々変わった事。

考えさせられます。

そうそう、去年納めた「法然上人像」の事を記した奉納帳も見せてもらいました。

写真も撮らせてもらいましたが一応掲載NGなので自分だけで楽しみます。

でも、こうして自分の作品が増上寺に二つ納められてると思うと不思議な感じです。

ちなみに「法然上人像」は今どこに置かれているかというと。

f:id:whole8:20210218133451j:plain

き、貴賓室!!

貴賓室に置かれて居ますとの事です。

御前様のお客様が来た時に使われるお部屋です。

ちなみに徳川様もここで御前様とお話しされるそうです。

f:id:whole8:20210218133652j:plain

御前様の席の後ろに置かれていました。

f:id:whole8:20210218133746j:plain

久しぶりに法然上人像を見ました。

久しぶりの法然上人。

この像を彫っている時は本当もの凄い集中力と不思議な気持ちになりました。

結構大きな塊ですが中を少しくり抜いて制作してあります。

とても好きな作品です。

f:id:whole8:20190920025326j:plain

以前も書きましたが制作にあたり増上寺の方に素絹の事等色々聴きました。

袈裟等本当に知らない事だらけでした。

そして、

椅子に座らせてもらいました。

f:id:whole8:20210218134317j:plain

悦に入るしかない!!(笑

御前様の席の横の席。

正直嬉しいという言葉しかなかったな〜

こういう事しか言えないというのがまだまだなんです。

ちなみに増上寺での個展の話はまだ計画中でして、コロナが治らないと個展は出来ないとの話なんです。

オリンピックの時に出来るのか??

果たしてどうなるのか?

でも、夏は暑いですしね〜と話したりしてました(笑

世界から沢山の人が来るという事で作品を見てもらいたいと話を進めてましたが、オリンピックをやっても人が来るのか?そもそもやるのか??

全くわかりません。

でも、そろそろ新作をあげていかないといけませんね。

そんな話をして帰りに有楽町で人形展をやって居ましたので展示中の友人に会い、久しぶりに色々話て帰りました。

最近のハーレーは良く分かりませんが、エボ数台からショベルそしてツインカムと乗り継いでハーレーに乗って四半世紀も過ぎました。

バイクに乗った総走行距離も20万キロを軽く超えて居ます。

感慨深いですね。

事故にも数回。ハーレー盗難。アメリカでの旅等ハーレーに乗ったから知った世界もあります。

以前とあるアメリカ人に「男に生まれてバイクに乗らない人生なんて考えられないだろう!?」と言われました。

今でも心に残る言葉で、何とジョージクルーニーも同じ事をインタビューで言ってて驚いた事もあります(笑

f:id:whole8:20210218135814j:plain

フランスに行く前にほぼオバーホールをしました。その時オールペンもしました。

綺麗ですが、鞄のヤレ具合に走行10万超えが伺えます(笑

f:id:whole8:20210218140055j:plain

これもいつも書きますが自分でファイアーパターンとロゴのセッティングと色を考えて塗ってもらいました。

グリーンラメが本当好きです。

以前は赤が好きだったんですがね、5、6年前からグリーンが好きになりました。

と、ご機嫌で家に帰りました。

やっぱりバイクは乗ってナンボです。

長くなりましたので、ここらで。

ではまた。